ヨガをやっても汗をかけないと効果は低いのか?

[スポンサードリンク]

 

ヨガ、特にホットヨガは大量の汗をかくと言われますが、中には体質的に汗をあまりかかない人もいると思います。
ヨガでは汗をかいた方がよいのでしょうか?

 

汗をたくさんかいた方が老廃物の排出も促進できるので、もちろん汗をかいたほうがヨガの効果を高めることができます。
ただ、

 

ヨガをやり始めて最初は汗をかきにくくても、ヨガを続けることで、
次第に体質改善され、汗もかけるようになります。

 

汗をかくことは生きていく上で、大変重要なことです。
ここでは、汗をかくということを少し掘り下げて見ていきます。

 

人間は、暑い時、また運動した時などに汗をかきますよね。
これは汗を出すことで、上昇した体温を下げる役割があります。
汗は、血液に含まれる水分が皮膚から出たものです。
血液の循環が良いと汗をたくさんかくことができます。

 

そして、汗は、その量に加えて、

 

かく汗の質が大切です。

 

・質の良い汗をかく人

 

血液の循環がよく、汗をかきやすい体質です。
日頃から汗をかいているため、汗腺も正常で、サラサラした質の良い汗をかきます。
サラサラなのは、水分を排出しているからです。
もちろん老廃物も排出もスムーズです。
臭いもきつくありません。

 

・質の悪い汗をかく人

 

血液の循環が悪く、あまり汗をかけない体質です。
日頃汗をかく習慣の無い人が、たまに運動すると、質の悪いベトベトした汗をかきます。
べトベトなのは、水分以外にミネラルを含んでいるからです。
日頃汗をかかないと汗腺がしっかり機能しなくなり、栄養分のミネラルまで排出してしまうんですね。
ベトベトの汗は臭く、汗臭い人というのは、汗腺が機能していないことが原因として考えられます。

 

汗をかくこと1つとっても、大変奥が深いですね。

 

 

ヨガをやってもあまり汗をかけない、かいてもベトベトして臭い、という人は、汗腺の機能が低下している可能性があるので、とにかくヨガにしっかり取り組むようにしてください。
ヨガのポーズと呼吸法によって、血液の循環は良くなりますので、次第に質の良い汗をかきやすい身体になっていくでしょう。
ヨガで新陳代謝を高め、質の良い汗をたくさんかいて、老廃物をたくさん排出しましょう。

 

また、ホットヨガは特に汗をたくさんかけるエクササイズですが、ヨガの種類によっては、ポーズもゆったりで運動量が少なく、あまり汗をかかないものもあります。
しかし、しっかりヨガに取り組むことで、血液の循環が良くなり、汗腺の機能も正常になりますので、日常生活でも質の良い汗をかきやすい身体になるでしょう。

 

 

PICK UP!期間限定でヨガ体験レッスンが半額!!

ヨガ初心者の方は、まず、体験レッスンでヨガの世界を覗いてみることをおすすめします。

 

ヨガスタジオといえば、ホットヨガスタジオ「LAVA」が有名ですね。
初心者におすすめのスタジオとして人気です。

 

ホットヨガは高温多湿という環境のため、ダイエットをはじめ、美肌、アンチエイジング、冷え性、便秘などに驚くほどの効果を期待できます。

 

今ならなんと、
体験レッスン:2000円→1000円
入会金:10000円→0円

期間限定のキャンペーン中ですので、興味のある方はお早めにどうぞ。



↑興味がある方はクリック!ホットヨガスタジオLAVAをより詳しく知ることができます。

 

是非ホットヨガを体験してみて、爽快感を是非味わってみてください。

 

 
[スポンサードリンク]